総型バイトによるCT短縮

ご覧いただきありがとうございます。

[総型バイト]という刃物をご存知でしょうか、同業の方であれば知らない方はいないかもしれません。

これは、ワークの形状(輪郭線)に沿って成形した特殊なバイトのことです。

利点は数量が多く、段差の多い製品の荒取り加工、特殊な溝等を加工する時に役立ちます。

勿論、汎用性はありません!かっこよく言うとワンオフです(笑)

IMG_2004

上の写真が総型バイト 専門のメーカーさんに作っていただきました。

加工図を基に相談すれば、いい提案をしてもらえるハズです。

IMG_2012

仮合わせしてみるとピッタリ!この溝は両端に谷があり、元々2種類のバイトが必要でした…

これならばバイトを押しつけるだけで溝加工終了です。

IMG_2013

反対側の溝も角のRが特殊で困っていましたが、ご覧のとおりピッタリ!

量産品の特殊な溝や荒取り、今後も活用していきたいですね。

 

e383ade382b4e382bfe382a4e38388e383ab

New!新HP 複合旋盤加工.comの運営を開始しました!

[都度更新中]今後もコンテンツの充実に努めてまいります。

%e6%ad%a6%e4%ba%95%e3%83%ad%e3%82%b4%e6%b1%ba%e5%ae%9a%e3%83%87%e3%83%95%e3%82%a9

広告

ABX-51THY切削加工デモンストレーション

ご覧いただきありがとうございます。

タイトルのとおり百聞は一見にしかず、製造部の協力を得て切削加工の様子を動画にしました。

使用機はシチズンマシナリーミヤノ社製のバーマシン、ABX-51THYになります。

仕様は2スピンドル3ターレット、動かすプラグラムを組むだけでも相当気を使っているハズです。

バー複合機ならではの一貫加工、これからのスタンダートになると思うとワクワクしますね!

せっかくタグを作ったので、加工の動画を今後もっと増やしていきたいと思っています。

ご期待ください(*^ー^*)

e383ade382b4e382bfe382a4e38388e383ab

New!新HP 複合旋盤加工.comの運営を開始しました!

[都度更新中]今後もコンテンツの充実に努めてまいります。

%e6%ad%a6%e4%ba%95%e3%83%ad%e3%82%b4%e6%b1%ba%e5%ae%9a%e3%83%87%e3%83%95%e3%82%a9

パイプ材加工のノウハウ

ご覧いただきありがとうございます。

タイトルのパイプ材、これは中空のバー材料を指しています。

材料自体に穴があいているので長尺物、穴径のでかい製品の加工は劇的なサイクルタイム減が見込めます。

…が!貫通穴があいているので、ちょっとした問題があります、下の写真をご覧ください。

IMG_2008

 

切削油がパイプ材の中に入ってしまうのですTT

スピンドル側パイプ材の中に切削油が入ると、パイプ出口側に切削油が流れ出てしまう現象が…

弊社NCはほとんどが[水溶性の切削油]を使っているので、出口側の[油性]オイルバー(給材機)の中に切削油が混ざると分離してしまうのです。

そこで…切削油が漏れださないように蓋をすればいいのでは?

というわけで、端材を使って蓋を製作

IMG_2003

 

挿入部中央には溝をほり、Oリングをはめ完全にシールできる仕様です。

IMG_2002

 

ぴったり!これでパイプ出口側から給材機に切削油が漏れることがなくなりました。

こういった治具を自分達で考え、形にできる技術は本当に大事だと痛感します。

切粉圧縮機

ご覧いただきありがとうございます。

タイトルを見て切粉圧縮機ってなんぞ??と思われた方は多いかと思います。

IMG_1992

 

名前のまんまですが、これが[切粉を圧縮する機械]です。

弊社では鉄系の切粉を全て、この圧縮機に投入しています。

 

 

 

IMG_1993

 

切粉圧縮機の搬入口へ、切粉を投入!

切粉は材料によってですがパラパラなものや、ターレットに絡みつくほど長く繋がる鉄たわしのような切粉があります。

写真に写っている切粉はパラパラですが、鉄たわしのような切粉は投入しにくいです。

IMG_1994

 

しばらく待っていると固形になった切粉が出口からでてきます。(周辺が切粉だらけなのはご愛嬌ということで…)

IMG_1996

 

これを廃棄用の金網にまとめて…

IMG_1999

 

ドラム缶に入れた後、スクラップ屋さんに引き取っていただいてます。

ちなみに、別の金属が混入していないこと前提ですが、固形にすると若干買い取り額がアップします。

IMG_1998

 

また、副産物として切粉に付着していた切削油も絞りとることができ、再利用可能。

スクラップ省スペース化の他に、異臭,汚染も防ぐこの切粉圧縮機は利点が沢山です(*^ー^*)

ムダ取り作戦

ご覧いただきありがとうございます。

現場でひときわ目立つ掲示板が新たに設置されていました。

下のボードは「ムダ取り作戦」と題され、社内のムダが見えるようになりました。

…黒と赤字の組み合わせはインパクトが強いです、まさに悪そのものといった印象。

IMG_1987

 

ムダランキングを見てみると…

段取り時間 , 刃具交換 , 検査待ちが上位を占めています。

=営業時間内なのに「設備が止まっている」 製造業として究極のムダです。

如何に段取りを短くしてチョコ停を抑え、製品を作っていくか…永遠のテーマですね。

第3回 代表者会議

ご覧いただきありがとうございます。

あっという間に9月です、猛暑も大分ひいてきたので過ごしやすくなりますね。

タイトルのとおりですが、弊社では毎月末に各部署の代表で会議をしています。

と言っても…最近はじめたばかりで、まだ3回目です(苦笑

内容は主に[社内で困っていることに対する改善検討]です。

IMG_1985

 

今回も案件が沢山でました。

その場で解決できそうなことは、解決案を議事録へ反映

持ち越しの場合は要望案といった具合に、部署代表者がそれぞれみんなへ反映しています。

まだ3回目ですが、内容は徐々に濃くなってきたように感じます、習慣化して会社をより良くしていきたいと思います(*^ー^*)

DIYでフォトスイッチ交換

ご覧いただきありがとうございます。

蛍光灯のLED化がポピュラーになってきた今日この頃。

せっかくLED蛍光灯にしたにも関わらず、点かなければ意味がないわけでして…

工場扉前の屋外灯が点かなくなってしまったのです。

IMG_1980

屋外灯には周辺が暗くなると通電する明暗センサー(フォトスイッチ)がついていることがほとんどです。

直結させると点灯することから、センサーの故障を特定したので、新品を調達、DIYで交換しました。

※資格のない方は36V以上の電線接続は絶対にしてはなりません。

IMG_1981

鉄板に穴をあけ、金具を固定。はたして正常に動作するでしょうか…

IMG_1983

テスト用の黒いビニールカバーでセンサーを覆うと自動点灯!

筆者は高校時代に第二種電気工事士を取得済ですb