合いマークの必要性

2021/10/7夜、関東地方で久しぶりに震度5を観測する地震があったばかりですが、千葉県松戸市も5弱と結構な揺れ方をしました。

幸い、弊社の被害はこれといってなかったのですが、日頃地震を想定した連絡網や対応は訓練がとても活きていたことを実感しました。

BCPについて協議を進める中で、弊社事業に欠かせない設備についてこれは必要だろうというものが出てきたのでご紹介します。

設備本体と給材機に合いマークをひきました

↑の写真のようにNCバー旋盤に「合いマーク」をひきました。

え、今までひいてなかったの?と思われるかもしれませんが、改めて必要性を感じ対応しました!

大きな地震では数トン、十数トンある設備や給材機が揺れて動きます。

設備と給材機にズレが生じると機械内部に装填できなくなり材料を供給できなくなってしまい、場合によってはメーカーサービスを呼び復旧をお願いすることにもなります。

簡易的ですが、これで地震が起きても設備が動いていたらすぐにわかります。

今回はチョークで対応していますが、ゆくゆくはペンキやスプレー等で印をつけていきたいと思います。

今後もBCP対策は継続して行ってまいりますので、取り組みはまた発信したいと思います!

↓バナーをクリックすると弊社運営の技術サイトにつながります。

e383ade382b4e382bfe382a4e38388e383ab

↓[都度更新中]今後もコンテンツの充実に努めてまいります。

%e6%ad%a6%e4%ba%95%e3%83%ad%e3%82%b4%e6%b1%ba%e5%ae%9a%e3%83%87%e3%83%95%e3%82%a9