IoT 稼働監視システムの導入-2

さて先日のブログでお伝えした通り、弊社が導入をはじめたIoT設備について、シリーズにして紹介していきたいと思います。

DSC_2633

DSC_2641

まず現況ですが、今回のIoT導入対象の機械全てに無線機が取り付けられました。

(写真上:パトライトの上部に無線機が取付られるタイプ)

(写真下:パトライト自体に無線機が組み込まれているタイプ)

これにより各機械の稼働状況をCSVファイルで出力できるようになりました。

またソフト側で、データ収集を行う「Dr.Sum」という製品の講習会を受けてきましたので、いよいよ始動となります。収集したデータを、弊社内で見える化するためにカスタマイズしなくてはいけません。

ITは得意でない筆者ですが、少なくとも年内には多少なりとも形にできるよう頑張りたいと思います。

 

 

導入背景

今年度から施行されている「働き方改革」では、生産性の向上が大きな目的とされています。IoTはその解決策として数年前からよく聞くようになりました。

弊社のIoT導入は2年前から計画されていました。その計画がなぜ今年になってかというと、補助金という話が絡んできます。

IoT設備の導入にものづくり補助金を活用しようと考えていました。しかし昨年、一昨年と採択されず、足踏みしておりました。

ものづくり補助金採択

今年ようやくものづくり補助金が採択され、導入が決定しました。

(ものづくり補助金は直接製品を生み出す工作機械などで申請すると採択されやすく、今回の弊社のような社内の仕組み作り等だと難しいようです)

内容としては、パトライト社のAirgridでNC旋盤の稼働状況のデータを発信し、WingArc1st社のMotionBoard及びDr.Sumという製品でデータの集計、見える化及び分析を行うというものです。

弊社はNC旋盤の他に転造機や研磨機を保有しておりますが、まずは主力であるNC旋盤の稼働監視から始めます。

 

 

見える化の重要性

IoT導入に先立ち様々なセミナーや講演会に参加しましたが、よく言われていたのが「稼働状況の見える化だけでも効果が出る」という事でした。最初は私も半信半疑だったのですが、どこに行ってもそういった話が出るので嘘ではなさそうです。見える化によってオペレーターの意識が向上するためという理屈だそうです。

そう言われてみると、弊社業務部内でも見える化によって改善した事例がありました。

 

機械負荷prtscr

 

4月ごろのブログでも紹介しましたが、今年の3月から週に一度、業務部内で生産会議を行っています。そこで、使用している管理システム内の機能「機会負荷一覧」により機械ごとの計画が見える化されました。結果として、生産指示が重複する事が減ったため、現場の混乱が多少軽減されました。

加えて業務部の各担当者がお互いの計画を見れるようになり、すり合わせることで、しっかり優先度の高い品物から製作できるようになりました。

こういった事例もあり、IoTという手段に限らず、見える化することは非常に重要だと感じるようになりました。

DSC_2666

 

今後も不定期で連載しますので、よろしくお願い致します。

 

↓バナーをクリックすると弊社運営の技術サイトにつながります。

e383ade382b4e382bfe382a4e38388e383ab

↓[都度更新中]今後もコンテンツの充実に努めてまいります。

%e6%ad%a6%e4%ba%95%e3%83%ad%e3%82%b4%e6%b1%ba%e5%ae%9a%e3%83%87%e3%83%95%e3%82%a9

間接部門の作業を見える化

連日猛暑が続いていましたが先週末は過ごしやすい気温と湿度でした(^^)

さて、あっという間にお盆休みも終わりまた日々仕事に励んでいるわけですが、弊社製造部門では生産管理システムをベースに、作業管理ボードを現場に設置しいつ、誰が、どの機械で、何を作るか見える化しています。

最近、間接部門の作業見える化もした方が良いのでは?と意見があり、今回品質管理部の検査室にもボードを設置することになりました。

img_5967.jpg

ボードを作る前に紙に下書きして内容を精査、ざっくり説明してもらいましたがわかりやすいです。

IMG_5969

案がまとまったところでボードに線を貼りつけていきます。

また完成しましたらブログにアップしたいと思います(^^)

e383ade382b4e382bfe382a4e38388e383ab

↓[都度更新中]今後もコンテンツの充実に努めてまいります。

%e6%ad%a6%e4%ba%95%e3%83%ad%e3%82%b4%e6%b1%ba%e5%ae%9a%e3%83%87%e3%83%95%e3%82%a9

ものづくり補助金申請結果

先週の金曜日、6月29日の17時ごろ、ものづくり補助金の申請結果が発表されました。

ドキドキしながらその結果を見てみると・・・

 

ものづくり補助金採択

無事に採択されました!

 

実に3年ぶりの採択となり、ホッと一安心でした。

内容について簡単に言うと、IoT機器を社内設備に設置、稼働状況を見える化し生産性向上を図るといったものになります。(かなりざっくりとしていますが・・・)

IoT外要図

働き方改革で謳われている生産性向上の一環という事になりますが、今現在使用している生産管理システムを使った取り組みと合わせて、より一層の効果を期待する事が出来ると思います。

導入が決まったからには、製造部と業務部が一体となり、しっかりと計画を実行して確実に効果を出せる様に取り組んでいきたいと思います。

 

 

↓バナーをクリック!弊社運営の技術サイト

e383ade382b4e382bfe382a4e38388e383ab

↓[都度更新中]今後もコンテンツの充実に努めてまいります。

%e6%ad%a6%e4%ba%95%e3%83%ad%e3%82%b4%e6%b1%ba%e5%ae%9a%e3%83%87%e3%83%95%e3%82%a9

スマートファクトリーJapanに行ってまいりました。

今年の4月にできたばかりの、東京ビッグサイト青海展示場にて行われていた、スマートファクトリーJapan2019に行ってきました。

DSC_1961

内容については、その名の通りIoTによる情報の収集から分析、ロボットの活用等がメインでした。

弊社もIoTの導入を検討している最中なので、いろいろ勉強になりました。

IoTというと、社内の状況を「見える化」できる事が最大のメリットだと当初は思っておりました。しかし、ブースを見て回っていると、その認識を改める必要があるなと感じました。

確かに「見える化」は大きなメリットですが、その先の見えた情報の「分析」ができないともったいないなと感じるようになりました。現に、最近のこういった展示会では「分析」を前面に押し出している会社様が多く見られます。

 

今後、生産性を上げる為にはIoTの導入は待ったなしだと思われます。そして導入した時には、「見える化」にとどまらず、情報の「分析」し、改善につなげていける様に、今から少しづつ準備をしていきたいと思います。

 

 

↓バナーをクリックすると弊社運営の技術サイトにつながります。

e383ade382b4e382bfe382a4e38388e383ab

↓[都度更新中]今後もコンテンツの充実に努めてまいります。

%e6%ad%a6%e4%ba%95%e3%83%ad%e3%82%b4%e6%b1%ba%e5%ae%9a%e3%83%87%e3%83%95%e3%82%a9

生産計画会議

年度がかわり、この4月から「働き方改革関連法」が順次施行されています。

弊社内でも例外なく、残業時間をどうやって減らそうか、有給休暇をちゃんと所得するにはどうしたらよいか、など活発な議論や取り組みが行われるようになりました。

その一環として、業務部では3月から生産計画会議を実施することになりました。

DSC_1730

今までは担当者が生産指示を出す際は、特にほかの担当者との兼ね合いを確認していませんでした。結果として同じ納期で複数の生産指示が出てしまい、現場が混乱し無駄な残業が発生している状態でした。

そこで、どうにかできないかと考えていたところで、弊社が運用している生産管理システムの中に良いものを見つけました。

機械負荷prtscr

上の画像は機械ごとの負荷(製品のサイクルタイム×計画個数+段取り時間)を表示したものです。

今はこの機能を使い、生産会議を実施するようにしました。

会議の内容としては、それぞれの機械ごとに負荷の平準化を図り、なるべく残業が発生しないような計画を立てています。

また副産物として、今までは他の担当者がどんな計画を立てているか不明だったものが見えるようにもなり、結果として業務部内での冗長性も期待できるようです。

 

しかしなぜ、こんなにも便利な機能が今まで利用されてこなかったのか?

機械負荷を表示するには膨大なマスター登録が必要であり、それが壁となります。

弊社内でも数百もの製品があるなかで、そのサイクルタイムや段取り時間、どの機械で生産するかといった項目を登録する必要があります。

弊社では現場の方が製品ごとのサイクルタイムのデータはしっかりと記録していた為、その点は良かったのですが、段取り時間などは作業員や状況により変化するので、そこをどうするかといった事が課題となりました。

さらに会議の実施に際しては、各担当者によって違っていた計画の立て方もルールを作り、統一する必要がありました。

 

現状ではまだ詰め切れていない部分もありますが、それでも既に少しづつではありますが効果が出てきているようです。今後もデータの精度を高めるとともに、より現場に即した計画が立てていける様にしていきたいと思います。

 

働き方改革と一口にいっても、なかなか難しい問題ではあります。武井製作所では製造部と業務部が一体となって解決できるように取り組んでいきたいと思います。

 

↓バナーをクリック!弊社運営の技術サイト

e383ade382b4e382bfe382a4e38388e383ab

↓[都度更新中]今後もコンテンツの充実に努めてまいります。

%e6%ad%a6%e4%ba%95%e3%83%ad%e3%82%b4%e6%b1%ba%e5%ae%9a%e3%83%87%e3%83%95%e3%82%a9