日刊工業新聞に掲載いただきました

ご覧いただきありがとうございます。

さて、タイトルのとおりですが5/10(火)発行の日刊工業新聞の中に、弊社の記事が載っております。

肝心の内容はザックリ言うと定年退職による世代交代の中、若い社員が熟練工の職人技を受け継ぎ、現在活躍しているという記事です(^^)

日刊工業新聞武井製作所記事

写真のように、新聞とweb版にそれぞれに掲載いただきました。

製造業は言ってしまえばモノづくりをする「人」 つまり、マンパワーが何よりも重要です。

写真は0.001の公差を要求される研磨の様子ですが、今時の設備と違いプログラムで制御はしていません。

そう、段取りや寸法を公差内におさめるのは全て人の手なのです。

誰でもできるわけではない仕事は、必ず見えない勘やコツ、つまりノウハウがあります。だからこそ技術の継承は容易ではないのです。

失礼ながら、よく勘違いされるのが「同じ機械を持ってるのになんで加工できないの?」と言われることが多々あります。

その機械を動かしているのは「人」なのです。動かす人が違えば加工方法が変わります。

加工方法が変われば出来栄えが変わります。出来栄えの良し悪しはあれど、厳密に言えば同じモノはできないのです。

同業他社様も技術継承で同じ悩みを抱えているかと思いますが、努力はきっと報われると信じ頑張っていきましょう。

e383ade382b4e382bfe382a4e38388e383ab

[都度更新中]今後もコンテンツの充実に努めてまいります。

%e6%ad%a6%e4%ba%95%e3%83%ad%e3%82%b4%e6%b1%ba%e5%ae%9a%e3%83%87%e3%83%95%e3%82%a9