3D形状測定機導入

かねてより導入を検討していた3D形状測定機を導入しました。

IMG_0009

光を当て、はね返ってきた光を測定するというものですが、製品の寸法は当然として、面粗さも測定できるという優れもの。

更に3Dのモデルデータと比較することもでき、寸法のズレを一目でわかるようにすることもできます。

プロファイル計測_ジョイント座径 - 小

測定時間も短く、一度データを取ればいつでも解析できるので業務の効率化に一役買ってくれるはずです。

IMG_0006

早く操作を覚え、活用していきたいと思います ^^)b

 

複合旋盤加工.comの運営しております!

↓下のバナーをクリック!

e383ade382b4e382bfe382a4e38388e383ab

↓[都度更新中!]今後もコンテンツの充実に努めてまいります

%e6%ad%a6%e4%ba%95%e3%83%ad%e3%82%b4%e6%b1%ba%e5%ae%9a%e3%83%87%e3%83%95%e3%82%a9

広告

2016 新ものづくり・新サービス展に向けて-2

ご覧いただきありがとうございます。

2016/11/10(木)18:20 ただいまの気温10° 冷えて乾燥した手先を見ると一層、冬の訪れを感じます。

さてタイトルのとおりですが、展示会に向けてこんなモノを準備してます第二弾。

 

 

左は3Dモデル 右は出来上がったサンプル

弊社のロゴが入った文鎮のような何かです…!いやぁ美しいです。

製造部にざっくり口頭でイメージを話し相談したところ、すぐに3Dモデルを作成してもらい今日実際に削ったもののサンプルが出来上がりました。仕事が早い!

あとは表面処理が残っていますが、形になり安心しています(^^)

 

e383ade382b4e382bfe382a4e38388e383ab

New!新HP 複合旋盤加工.comの運営を開始しました。

バナークリックで別ウインドウで開きます。

%e6%ad%a6%e4%ba%95%e3%83%ad%e3%82%b4%e6%b1%ba%e5%ae%9a%e3%83%87%e3%83%95%e3%82%a9

(株)武井製作所の詳細は上記バナーをクリックください。

ISO9001,14001 定期審査 2日目と3Dプリンターで試作

ご覧いただきありがとうございます。

さて、前回の記事ではISO9001,14001の定期審査について書かせていただきました。

2日目は主に製造,品質管理,営業のプロセスについての審査です。

前回指摘いただいた「フォーマットが見にくい,評価が曖昧」については、みんなで話し合いをした結果をしっかり反映しました。

指摘のフォローとして、今回もその箇所を確認いただきました。

結果、審査員の方から「非常に見やすくなりましたね^^」と、嬉しい言葉をいただきました!…ほんと、やった甲斐があるってもんです。

一方、審査の中で新たに「ここも改善したほうがいいんじゃないでしょうか」とアドバイスをいただいたので、有効活用できるように頑張りたいと思いますb

 

@先日紹介した3Dプリンターですが、担当者各々製図の腕は着々とあがっています。

製図ができたところで、実際に3Dプリンターで起こした結果が写真のものです(^^)

IMG_3034IMG_3036IMG_3037

白いほうが3Dプリンターで製作した樹脂のワーク。

黒い方はNCで製作した鉄のワークです。

いやー…3Dデータをソフトに読み込ませるだけで、あとは機械が勝手に作ってくれるとは本当にすごいと思います。

また何かできたらどんどんアップロードしていきたいと思いますb