フォークリフトのシートとタイヤを交換

弊社で使っている日産製 カウンター式のフォークリフト

使い始めて何年かもわからないぐらいで、見ることも少なくなってきました。

日頃倉庫内で保管していることから年数のわりに状態は良好で、定期的にメンテナンス業者様にもメンテいただいているので元気に荷物を持って走ってくれます。

このフォークのギアポンプ、弊社の加工品が組み込まれているのも中々手放せない要因ですね!

それでも年々、どうしても劣化してくるのは工業製品の宿命…!

消耗品とはあまりお金もかけたくないということで、破けたシートは中国製のシートにDIYで交換しました。

シートレール、リクライニング機能付きで純正品の5分の1以下の価格!これは変えてよかったですね。座り心地も良好です。

次にリアタイヤもご覧のように新品に交換。古いタイヤ、ご覧のような状態で雨の日は滑って怖かったので少しは解消されそうです。走破性も多少上がりましたかね!

なんでも部品がネットショッピングで手に入る時代の恩恵を感じたメンテでした。

↓バナーをクリックすると弊社運営の技術サイトにつながります。

e383ade382b4e382bfe382a4e38388e383ab

↓[都度更新中]今後もコンテンツの充実に努めてまいります。

%e6%ad%a6%e4%ba%95%e3%83%ad%e3%82%b4%e6%b1%ba%e5%ae%9a%e3%83%87%e3%83%95%e3%82%a9

設備停止理由の分析

先日行われていたJIMTOFでも、昨今のDXに絡み、いかにデータを活用するかが肝という話を、いたるところで聞きました。
弊社もIoTによる稼働監視を始めてはや3年、そろそろ次のステップとして、設備の停止理由を分析し、効果的な改善を行おうとしております。

仕組みとしては、BIツール(モーションボード)で設備が停止(パトライトの赤点灯)した際にオペレーターにメール→停止した理由を入力→そのデータを集計し停止時間の多い原因から対策するというものです。
まだ実施前段階ですが、少なくとも年明けには運用できるよう準備している段階です。
手探り感はかなりありますが、効果的な改善につながることを目指します。

↓バナーをクリックすると弊社運営の技術サイトにつながります。

e383ade382b4e382bfe382a4e38388e383ab

↓[都度更新中]今後もコンテンツの充実に努めてまいります。

%e6%ad%a6%e4%ba%95%e3%83%ad%e3%82%b4%e6%b1%ba%e5%ae%9a%e3%83%87%e3%83%95%e3%82%a9

ロボットアームの防塵防滴

2020年3月から運用をはじめた協働ロボット。

制御盤でロボットアームの動作調整をするオペレーター

弊社ではこのロボットアームをねじ転造加工自動化の為に運用しています。

実は導入から二年近く経過していますが、約一年間は動作不良によりロボットアームの修理でメーカー様に預けっぱなしでした。

動作不良の原因はメーカーでも特定が難しいようで、可能性として挙げられた可動部からの油侵入に対して、弊社ではアームの本体にカバーをすることにしました。

ビニール製のアームカバーやレインコートを利用しました

ロボットアーム専用のカバーを製造しているメーカーもいくつかあるようですが、見積りをすると〇〇万円…!!!…高すぎませんか? とても買えません。

そこでアイデアを出し合い、本体を簡易的にでも覆えるカバーを製造部で自作することに。写真のように100均で売っているアームカバー、レインコートのビニールズボンを利用し全面を覆うことにしました。

これはナイスアイデアですね!

費用1,000円以下です。

可動域も考慮してカバーすることに成功

稼働再開から早二日。今のところ問題なく稼働しているのでひとまずこれで様子見ですね。

また何か動きがありましたら記事にしたいと思います。

↓バナーをクリックすると弊社運営の技術サイトにつながります。

e383ade382b4e382bfe382a4e38388e383ab

↓[都度更新中]今後もコンテンツの充実に努めてまいります。

%e6%ad%a6%e4%ba%95%e3%83%ad%e3%82%b4%e6%b1%ba%e5%ae%9a%e3%83%87%e3%83%95%e3%82%a9

問題解決セミナー受講

先日、弊社主要顧客のひとつであるボッシュ様の問題解決セミナーが開催されました。

発生した問題に対して情報収集・分析の仕方など基本的なことではありますが、それゆえにあまり着目されにくい事細かなことまで盛り込まれておりました。
ベテランから若手まで、品質に対して再度引き締められるセミナーになったと思います。

↓バナーをクリックすると弊社運営の技術サイトにつながります。

e383ade382b4e382bfe382a4e38388e383ab

↓[都度更新中]今後もコンテンツの充実に努めてまいります。

%e6%ad%a6%e4%ba%95%e3%83%ad%e3%82%b4%e6%b1%ba%e5%ae%9a%e3%83%87%e3%83%95%e3%82%a9

中小企業診断士養成プログラム(完)

以前の記事でも紹介させていただいておりましたが、弊社が協力しておりました「中小企業診断士養成プログラム」が一旦の区切りを迎えました。


以前の記事

実習を通して弊社の経営状況や社員へのアンケート、現場調査など協力しておりました。
最終的に報告書を頂きまして、財務状況をはじめ、製造現場での細かな指摘など全社的に網羅されております。


今後の課題などにも言及されておりますが、明確な根拠をもとに指摘されているので、危機感が今までとは段違いでした。
もちろん良い点についても記載されておりますので、そこは伸ばしつつ、課題に対してはしっかりと取り組んでいきたいと思います。

↓バナーをクリックすると弊社運営の技術サイトにつながります。

e383ade382b4e382bfe382a4e38388e383ab

↓[都度更新中]今後もコンテンツの充実に努めてまいります。

%e6%ad%a6%e4%ba%95%e3%83%ad%e3%82%b4%e6%b1%ba%e5%ae%9a%e3%83%87%e3%83%95%e3%82%a9

JIMTOF開催!

11月8日から東京ビッグサイトで4年ぶりとなるJIMTOFが開催中です。
弊社も社長をはじめ、製造・業務関係なく見学に行っております。

ビッグサイトすべてのホールを使うだけあって、ゆっくり見ようとすると、とても1日では足りない規模です。
それだけに、ぱっと見だけでも興味深いものがたくさんありました。


行く目的として、仕事での問題を解決するための糸口を見つけるなどもそうですが、純粋にモチベーションが上がりますね^^

この記事を書いた時点で残り2日間開催しておりますので、ご興味のある方はぜひ見学してみてください!

↓バナーをクリックすると弊社運営の技術サイトにつながります。

e383ade382b4e382bfe382a4e38388e383ab

↓[都度更新中]今後もコンテンツの充実に努めてまいります。

%e6%ad%a6%e4%ba%95%e3%83%ad%e3%82%b4%e6%b1%ba%e5%ae%9a%e3%83%87%e3%83%95%e3%82%a9

新ものづくり新サービス展に今年も出展させていただきます

去年12月8日~12月10日の三日間、東京ビッグサイトにて催されました

「中小企業 新ものづくり新サービス展」に今年も出展させていただきます!

2022年12月14日(水)~16日(金) 1日目 11:00 – 17:00 / 2日目 10:00 – 17:00

3日目 10:00 – 16:00会場東京ビッグサイト 東7ホール

弊社ブース番号はA63です!

そして、先日撮影していた補助事業成果発表の動画が出来上がりましたのでご紹介します。

会社紹介も兼ねた内容となっておりますので、是非ご覧いただければと思います!

今年は事務局より成果がわかるような動画を各々準備してほしいという思いがすごく伝わってきました。

撮影のコツや、動画作成方法ポイントのレクチャー動画が用意されたいたのには驚きましたw時代ですね。

また会期が近くなりましたら出展の告知をさせていただきますので、宜しくお願い致します。

↓バナーをクリックすると弊社運営の技術サイトにつながります。

e383ade382b4e382bfe382a4e38388e383ab

↓[都度更新中]今後もコンテンツの充実に努めてまいります。

%e6%ad%a6%e4%ba%95%e3%83%ad%e3%82%b4%e6%b1%ba%e5%ae%9a%e3%83%87%e3%83%95%e3%82%a9

タクミセンパイ切削工具改善コンテスト2022の取材記事が公開されました

タクミセンパイの記事から抜粋

2022/9/29 切削工具改善コンテスト2022で大賞に表彰いただいたことを当ブログでご報告いたしました。

当日に取材いただいた記事が公開されましたので、ご紹介します!

詳細はこちら→ 武井製作所:切削工具改善コンテスト受賞者インタビュー

使用工具や加工条件の詳細等、大変わかりやすくまとめていただきました!

このご時世、あらゆるモノの使い勝手や感想、レビューが見切れないほど溢れていますが、切削工具の実践的なレビューを公開しているサイトは中々ないので是非ご覧ください。

金属加工業の発展に繋がる有益な情報提供ができるよう、弊社も努力してまいります!

↓バナーをクリックすると弊社運営の技術サイトにつながります。

e383ade382b4e382bfe382a4e38388e383ab

↓[都度更新中]今後もコンテンツの充実に努めてまいります。

%e6%ad%a6%e4%ba%95%e3%83%ad%e3%82%b4%e6%b1%ba%e5%ae%9a%e3%83%87%e3%83%95%e3%82%a9

2022年 ISO定期審査

早いもので今年もISO定期審査の時期です。

今年は審査機関を変更してから初めての審査、事前の情報から現場主体の審査になることを踏まえ、準備を進めておりました。

各部順番に審査対応いただきました。
材料倉庫を案内するリーダー
検査データや測定具の校正記録も順番に確認

昨年は「長所」のみレビューいただき、今年はより記録や書類の簡素化と電子化を進め、極力シンプルにすることを意識してきました。

総括の様子

二日間の審査を終え、軽微なご指摘を3ついただく結果となりました。

昨年は活動内容をただ褒められただけでしたが、今回は審査の質がとてもあがった印象です。

対応したメンバーからは「質問に無駄がなく的確だった」「普段自分たちができているようでできていないことが顕在化した」「客観的な視点で日頃ルールが守れているか意識するいい機会になった」等、改善すべきところが明確になった大変良い審査でした。

軽微な指摘に対しては今月末までに是正するよう協力して進めてまいります!

↓バナーをクリックすると弊社運営の技術サイトにつながります。

e383ade382b4e382bfe382a4e38388e383ab

↓[都度更新中]今後もコンテンツの充実に努めてまいります。

%e6%ad%a6%e4%ba%95%e3%83%ad%e3%82%b4%e6%b1%ba%e5%ae%9a%e3%83%87%e3%83%95%e3%82%a9

QCトレーニングセミナー

弊社のお客様であるボッシュ様がWEBにてセミナーを行っていただけるとの事で、弊社食堂にて製造・品管・業務と部署の隔てなく参加させていただきました。


こういったセミナーは定期的に行われておりましたが、以前はボッシュ様に出向き受講しておりました。
その際の参加人数は多くとも3名ほどだったことを考えると、WEBで実施することのメリットが増えたように感じます。
受講人数が多い分、セミナーの内容が社内により浸透することが期待できそうです^^

↓バナーをクリックすると弊社運営の技術サイトにつながります。

e383ade382b4e382bfe382a4e38388e383ab

↓[都度更新中]今後もコンテンツの充実に努めてまいります。

%e6%ad%a6%e4%ba%95%e3%83%ad%e3%82%b4%e6%b1%ba%e5%ae%9a%e3%83%87%e3%83%95%e3%82%a9